Youtube

Youtubeが伸びない理由を自己分析 動画41本でチャンネル登録者数14人

  • 2020年4月25日
  • 2020年4月26日
  • Youtube

僕が2019/08/25にチャンネル開設をしてから、ちょうど8ヶ月が経過しました。

現在のチャンネルの状況を数値でみると、以下のようになっています。

データは2020年4月25日時点のもの

・投稿動画数 41本
・総再生回数 2,469 回
・総再生時間 47.2時間
・チャンネル登録者 14人
・平均視聴者数 1分8秒
・高評価率 97.1%
(高評価134件 低評価4件)

本格的に動画投稿を始めたのは1月からですが、伸びていないYoutubeチャンネルだと言えるでしょう。
Youtubeが伸びない原因を自分なりに分析すると、以下の5つの理由が考えられます。
・動画のニーズが少ない
・タイトル選定が出来ていない
・SNSを使っていない
・投稿動画数が少ない
・動画説明欄やチャンネル概要を作り込んでいない
この記事では、上記の理由を1つずつ説明していきます。
僕が投稿している動画については、こちらの記事を御覧下さい。
関連記事

2020年4月21日、Youtubeへの動画投稿本数が40本になりました。 ので今回の記事は、投稿動画31本目〜40本目までの備忘録です。 21本目〜30本目の備忘録は、こちらの記事をご覧ください。 [sitecard s[…]

Youtube

僕のチャンネルに登録して下さっている方・動画を視聴して下さっている方、いつもありがとうございます。

好き放題やっている僕のチャンネルに少しでも関心を持って頂き、感謝しかありません!

Youtubeが伸びない 現状から推測出来る5つの理由

動画のニーズが少ない

僕は主に曲のカバー動画を投稿しており、曲の選定基準はただ1つです。

それは、度合いに差はあれど『自分が好きな曲』である事です。

 

しかし、この曲の選定方法には致命的な欠点があります。

それは自分の好きな曲のジャンルや種類によっては、絶望的な程ニーズが少ない・または無いという事です。

 

そして僕は世間での流行など全く関係なく、自分が好きな曲だけを投稿しています。

好き

流行っていようが流行っていまいが好きだったらカバーしますが、流行の曲に好きな曲がありません。
結果、僕の動画は以下のようなニーズを捉えていない状況になっています。
・認知度の低い曲→そもそも曲が知られていない
・インスト曲(歌が無い曲)→日本では歌があって当たり前という風潮
・ギターがメインの動画→ギターに興味が無い人は多い
世間のニーズにあった動画が無いので、そもそも人の目に触れる回数が少ないのだと推測出来ます。

タイトル選定が出来ていない

僕が投稿しているカバー動画は、『歌もの』(いわゆるボーカルメインの曲)と『ギターをメインにしたインスト曲』の2種類です。

 

『歌もの』のタイトルは『曲名/アーティスト/カバー』という、シンプルですがおそらく検索からの流入も多少は見込めるものです。

もちろん、もっと良い動画タイトルはあるはずです。
問題は『インスト曲』のタイトルです。
『インスト曲』は『歌もの』と同じように『曲名/アーティスト/カバー』というタイトルにしても、検索流入があまり見込めません。
それは、何度も聴いた事のある曲でも曲名が分からない場合が多いからです。
分からない
実際僕は曲の選定時に、何度も聴いた事がある曲なのにタイトルが分からない事が何度もありました。
おそらく視聴者にも、『曲名は知らないけど、どんな時にかかる何に関係した曲を説明されたら分かる』という人は多いと思います。
こちらのカバー曲で、例えをあげてみます。
この曲はアニメ『遊☆戯☆王 デュエルモンスターズ』を視聴していた人なら、ほぼ確実に知ってるであろう曲です。
しかし、『明日へ向かって』という曲名を知っている人は殆どいないと思います。
ですが『遊戯王の次回予告の曲』や『次回、城之内死すの曲』、と言えば殆どの人は「あぁ、あの曲か!」となるはずです。
つまり、視聴者は聴きたい『インスト曲・インスト曲のカバー』をタイトルで検索しない事も充分想定出来ます。
現状サムネイルだけでその状況が伝わるようにするなど、改善は心掛けています。
しかし、その曲がかかる状況の説明を上手く入れたタイトルにする事も重要だと思っています。

SNSを使っていない

現状、僕はSNSを使っていません。

それは単純に自分が『SNSに確実に向いていないから』という理由なので、おそらく今後もSNSは使わないと思います。

SNSが苦手な理由は、こちらの記事をご覧下さい。

関連記事

僕は音楽活動やブログ運営の為にSNSを使っていましたが、現在は全く使っていません。 自分なりに頑張って継続しようと思ってはいたのですが、徐々に使用頻度は減っていき気付けばSNSアカウントは放置状態でした。   そ[…]

苦手

 

何かを発信する事とSNSの相性は最高です。

そのためSNSを上手く使う事が出来ていたのなら、チャンネルの現状は違っていたでしょう。

投稿動画数が少ない

『Youtubeは100本動画を投稿してからがスタート』、というのは良く言われている事です。

『チャンネル運営に慣れる・データが蓄積される・動画が増えチャンネルが多少強くなる』などが、理由とされています。

スタート

そのため現在の僕の投稿本数41本はスタートライン100本の半分にも達しておらず、単純に投稿本数自体が少ないと言えます。

 

これの解決策は一番簡単で、『これからも動画投稿を継続する』だけです。

動画本数は知識や小手先のテクニックを使ってもどうしようも無いので、地道に投稿を続けるしかありません。

動画説明欄やチャンネル概要を作り込んでいない

チャンネル登録者が少ない事の原因の1つに、動画説明欄やチャンネル概要など動画以外のところをしっかりと作り込んでいない事もあると思います。

 

最初は概要欄など完全放置で、最近少しは手を加えたのですがそれでも間に合わせの域を出ないレベルです。

視聴者がチャンネル登録をしてくれるまでの流れは、以下のようなものが多いと推測出来ます。

動画を観て、説明欄を読む
動画が説明欄で気になったらチャンネルページを見に行く
チャンネルページを見てちゃんと運営されているか確認
チャンネル運営者の事を気に入ればチャンネル登録
この流れで僕(チャンネル運営者)が出来ることは、『動画制作に最善を尽くす』事と『チャンネルを作り込む』事だけです。

そのため、今後の重要な改善点の1つです。

Youtubeチャンネルの今後の運営方針

チャンネルが伸びない以上の理由を推測した上での、今後の運営方針は決まっています。

改善する事は『動画のタイトルとチャンネルページの作り込み』で、あとは試行錯誤を忘れず今のスタイルで動画投稿を継続して動画本数を増やします。

継続

 

しかし流行の曲をカバーするなど、世間の曲の認知度やニーズに合わせる気は無いです。

僕は、僕の動画を観て「俺(私)もこの曲好き!」と凄くマイナーな曲でも言ってくれるような、同じ音楽の嗜好を持つ人と知り合ったり、そんな人に少しでも応援して貰う事が出来れば嬉しいと思っています。

 

なので極論ですが、音楽の趣味嗜好が合わない人に聴いて欲しいと思いません。

それに好きでも無い曲のカバーは楽しくないので、おそらく動画投稿を継続出来ません。

途中で書きましたが、SNSもおそらく使わないと思います。

 

この記事を読んで、Youtubeが伸び悩んでいる人が今回僕が自己分析した理由を自分に当てはめて考えて、少しだけでもチャンネルの改善に役立てば幸いです。

 

そして冒頭でも言いましたが、こんな僕のチャンネルに登録したり動画を視聴して下さっている方、本当にありがとうございます!

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。

NO IMAGE

1st Single 「Stick To One's Will」 配信中

CTR IMG