ギター

ギター初心者がやるべきこと それは『ギターを楽しむ事』です!

ギター初心者の方がやるべきことは、『つまらない基礎練習を黙々とする事』でも『好きでもない初心者向けの曲の練習』でもありません。

大事なのは、ギターを『楽しい』と感じる事です。

正確には『自分がどうしたらギターを楽しめるかを考え、その答えにあった基礎練習や曲を練習を楽しみながら行う』です。

 

ギターを楽しむ事が重要な理由は、以下の3つです。

・楽しくなければ、挫折してギターを辞める可能性が高い
・楽しそうな目的があれば練習も楽しめる
・楽しみながら練習する人の成長速度は速い
この記事では、ギターを楽しむ事の重要性を説明していきます。
ギターを始めたばかりの人は、ぜひ最後まで目を通してみて下さい。

この記事は、まだギターを弾く事が習慣化していない初心者の方に向けた記事です。

ギターを弾く事が習慣化している人が読んで参考になる情報は、殆ど無いと思います。

ギターを楽しむ事が重要な3つの理由

楽しくなければ挫折してギターを辞める可能性が高い

基本的に、『楽しくない事』の継続は非常に難しいです。

書籍やネット等でよくある情報と、それに従った行動の例

「基礎練習が重要」
→ひたすらつまらないと感じる練習をする

「オススメの練習曲」
→好きでもない曲や嫌いなジャンルの曲の練習

「毎日1時間は練習するべき」
→楽しくないけどダラダラとギターを1時間触る

 

楽しくもない事を初心者が繰り返していると、「ギターってこんなにつまらない事ずっとするの?」と嫌になってギター自体を止める可能性が高いです。

『基礎練習・練習曲・練習時間』についての情報は重要です。

しかし『基礎練習・練習曲・練習時間』について考えるのは、「ギターが楽しいからもっと上達したい!」と思ったあとの話です。

ギター

ギターを始める理由は人それぞれですが、おそらく殆どの人が『好きな曲を弾きたい・上手くなりたい』と思って最速で上達するために情報を集めます。

しかしどんなに最速の上達法でも、ギターを続ける事自体が出来なければ何の意味もありません。

 

当たり前の事ですが、書籍やネットにあるギターの練習法や上達法は『ギターを弾く』のが前提条件です。

楽しそうな目標があれば練習も楽しめる

全く同じ内容の地味な基礎練習でも、『とりあえず良い練習という情報があったから』という理由と『好きな曲を弾くために必要な練習』という理由では、効果もモチベーションも全く違います。

 

練習は『上達した自分を想像したらワクワクする』、『好きな曲が弾けるようになるのが楽しみ』と思ってやるべきです。

『楽しくもない練習をひたすら続けて、やっと好きな曲を楽しく自由に弾く事が許される』、ギターはそういうモノではありません。

最初からギターは楽しんで良いモノですし、むしろそうするべきです。

ギター

まずは、自分がギターで何をして楽しみたいのか考えましょう。

その時に書籍やネットにある、他人発信の情報は必要ありません。

 

『好きな曲を弾きたい』・『速弾きがしてみたい』など、何でも良いです。

自分が楽しそうと思う目的があれば、退屈な基礎練習であっても楽しむ事が出来ます。

楽しみながら練習する人の成長速度は速い

『ギターが好きで楽しんでいる』、これは僕が今まで見てきたギターの上手い人にもれなく一致する特徴です。

そして『ギターが好きで楽しんでいる』人は、上達速度も速いです。

ギター

逆につまらなさそうに練習しているような人は、モチベーションも上がらず練習の効果も低いので上達速度は遅いです。

『楽しそうな目標を見つける』
→『楽しみながら練習』
→『楽しい目標達成』
→『もっと楽しむ為に新しい目標を探す』
→『楽しそうな目標を見つける』
上記のような良い流れを繰り返す為に、まずはギターで楽しむ事が重要です。

まずはギターを楽しみましょう

ギターを始めたからには「上手くなりたい!」と思うのは当然の事で、上達の為の最短の道を探す気持ちも分かります。

しかしギター初心者の最短の上達の道は、『ギターが楽しくて没頭する事』だと僕は思います。

 

正直ギターを始めたばかりの頃は、弾けば弾くほど上達します。

色々な情報に惑わされてアレコレ考えている暇があるなら、自分が楽しそうと思える目標を見つけてどんどんギターを弾いたほうが良いです。

 

僕が思う初心者の方がギターを楽しむ流れでオススメなのは、『初心者向けの教本』と『自分が好きな曲やジャンルの初心者向けバンドスコア』を並行して進めていく事です。

教本で基礎をゆっくり身につけながらバンドスコアの中で弾きたい曲を見つけ、その曲を弾くのに必要なテクニックを教本で練習すると良いでしょう。
「教本を最後まで読み通して、ある程度上達して好きな曲の練習を始める!」という考えでは、好きな曲に辿り着く前に挫折する可能性もあるのでオススメしません。
教本内には初心者向けの練習曲がある事が多いですが、自分の好きな曲であるとは限りません。
まずは、ギターを自由に楽しみましょう!
この記事があなたのギターライフを豊かにする事に、少しでも役立てば幸いです。
最後まで読んで下さり、ありがとうございます。
NO IMAGE

1st Single 「Stick To One's Will」 配信中

CTR IMG