エース

ロードバイク的オリジナル曲『エース』

自分で作詞・作編曲・制作をした、『ロードバイク・ロードレース』がテーマのオリジナル曲です。

エース

歌詞

ひたすら追いかける その背中遥か遠く
He does not stop
想い全て積んだ この背中ひどく重く
I will not stop Go on

体は軋んでるけど 心は逆らう
明日を失ってもいい その背中を抜き去るまで

全て捧げて走ってきた この一瞬のためだけに
I will win 決して逃さない
この身に託された想い 一つ漏らさず叩き込む
We will win  I’m the ace

全開で引き離す 手に入れた僅かな時
Seize an oppotunity
余計なモノ捨てて 身も削り飛び込んでいく
I will not stop Go on

体は軋んでるけど 従えてみせる
明日を失ってもいい その希望を打ち砕くまで

全てを捨てて走ってきた 勝利を掴むためだけに
I will win 決して離さない
己の証明のために 何だって利用してみせる
You can’t beat me I’m the ace

フラムルージュを超えてゆく ゴールラインは近づいてる
Fierce fight for win
残る力弾丸に変え 己に込めて機を狙う
I will win 決して怯まない
並び走る2つの影 どちらともなく弾け駆ける
The end is near They’re the ace

構成楽器

・ボーカル
・エレキギター
・エレキベース
・ドラム(打ち込み)
・ヴァイオリン(打ち込み)

メモ書き

テーマはタイトルの通り、ロードレースにおける『エース』という存在です。

『エース』についてはこちらの記事の、『オールラウンダー』の項目をご覧下さい。

関連記事

ロードレースに階級分けはありません。 身長190cm体重80kgのプロレスラーのような選手と、身長160cm体重55kgのジョッキーのような選手が同じレースを走り競い合っています。 もちろん体格が違えば同じ乗り物のロードバイクに[…]

ロードレース

 

チームメイト(アシスト)を仲間として考えチームとしての勝利を目指すエースと、チームメイトをあくまで道具として考え利用して個人としての勝利を目指すエースの戦いをイメージして作詞しました。

 

明確なイメージとしては、漫画『弱虫ペダル』の総北高校の面々と御堂筋君の戦いです。

『2番の歌詞どうしよう?』と思った時に思い浮かんだシーンが、『弱虫ペダル』のインターハイ1年目2日目の最終局面だったので(笑)

そんな感じで書いた歌詞なので、正直言って現実味はほぼ皆無です。
実際のトッププロ達の戦いの中で、エースが1対1でレースの結果を左右するようなガチンコバトルを繰り広げる事はあまり多くありません。

 

そもそも個人の力よりチーム力が重要になってくる競技ですし、ステージレースでは1瞬に全てを注ぎ込むというより数日から数週間を見据えた戦いをします。
モニュメント等のワンデイレースでも、小集団スプリントは多くあってもタイマンスプリントを見る事はあまりないです。

 

あくまで歌詞は歌詞で、『ロードバイク・ロードレース』が好きな人間(僕です)が想像・妄想しながら自分が好きなように書いたものです。
『ステージレース・ワンデイレース』については、こちらの記事をご覧下さい。
関連記事

ロードレース観戦初心者が絶対知っておきたい、『ワンデイレース』と『ステージレース』の違い。 僕がロードレース観戦に興味を持ち始めたばかりの頃、『ツール・ド・フランス』のハイライト映像を観ていた時に解説者が 「ツール・ド・フランス第9[…]

ロードレース
『モニュメント』については、こちらの記事をご覧下さい。
関連記事

『モニュメント』 それはロードレースの世界で、ワンデイレースの頂点に立つ5つのレースです。 モニュメントで勝利することは選手にとって最高の名誉であり、勝利すればロードレースの長い歴史に確実に名を残す事になります。 今回の記[…]

 

今回の曲は『BPM(テンポ)=181』と僕にとっては速く、僕は速弾きが出来ないので自分で作ったフレーズなのにギターソロはとても難しかったです。
弾きたいフレーズはあるのに上手く弾けないもどかしさに自分の下手さを再確認し、「もっと練習しなければ・・・」と反省しました。
他にも、歌が下手なのに加えて全体的なリズム感の悪さもあるのでまだまだ改善点は山積みです。

 

とはいえ曲自体はカッコ良いものが出来たと自分では思っています。(自分の良いと感じるもの作っているので当然ですが・・・)
「曲自体は良いけどボーカルとギターとベースがなぁ〜」って感じです(笑)
まぁ技術は一朝一夕で何とかなるものではないので、技術を磨きつつ自分が良いと感じる曲を今後も作っていきます。

 

最後まで日記のような記事を読んで下さり、ありがとうございます。
重ねて曲を聴いて下さった方も、貴重な5分程の時間を僕の曲なんかに使って頂きありがとうございます。

ロードバイク的オリジナル曲の最新記事8件