DTM

ギタリストがDTMを始める3つのメリットと唯一のデメリット

DTM DTM

今までギターにだけ取り組んできた人は、DTM(デスクトップミュージック)を始めることをオススメします。

特に、バンドを組んでいなかったり、バンドは組んでいるけど正直1人の方が気楽な人には特にオススメです。

DTMに向いている人の特徴は、こちらの記事をご覧下さい。

関連記事

バンドサウンドの曲・アコースティックな曲・オーケストラを使った壮大な曲など、様々な種類の曲を部屋で1人で作る事が可能なのが『DTM』の魅力です。 そんな魅力に惹かれて始める人も多いDTMですが、残念ながら長続きしない人の方が多いです。[…]

タイトル

 

ギタリストがDTMを始めるメリットは、以下の3つです。

・1人でも曲を作れる
・ギター以外の楽器の知識が増える
自分が作曲した曲のイメージを明確にバンドメンバーに伝えられる
この記事では上記の3つのメリットと、DTMを始める唯一のデメリットを説明していきます。

ギタリストがDTMを始めると得られるメリット

1人でも曲を作れる

僕がギターをしている事を知った人に、「バンドやってるの?」という質問をされた事が何度もあります。

『ギター=バンド』というイメージは強く、バンドを組んでいるギタリストはもちろん、バンドをやりたくてギターを始める人も数多くいます。

しかし誰もがそういうわけではなく、ギターを家で黙々と弾くことが好きな人や、他人と何かをするのが好きではない人もいます。

ギター

 

そういう人達にとってバンドを組まないと困る事、それは曲を形に出来ないということです。

実際僕は、ギターを始めたばかりの頃は作曲なんて考えもせず好きにギターを弾くだけで楽しかったので、バンドを組まなくてもあまり困りませんでした。

しかしギターを練習するうちにコードを覚え、なんとなくコード進行が出来て頭の中に曲のイメージが湧いてきた時に非常に困りました。

バンドを組んでいなかったので、曲を形にする手段が無かったからです。

 

しかし、DTMというものがあることを知ってその悩みは解決しました。

DTMは、バンドを組んでいないギタリストでも1人で曲を完成させる事が出来るからです。

実際に1人で曲を完成させるまでの流れは、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

DTMはまるで料理! 素材を準備し味付けをし焼いたり煮たりして加工する。それぞれの食材を上手く組み合わせ、お皿に綺麗に盛り付けて完成。 色々な楽器のフレーズや伴奏を録音・打ち込み。それぞれの音を組み合わせ曲にする。 リ[…]

 

1人で曲を作る事は大変です。

しかし『好きなように好きなだけ自分の曲を作る事が出来る』というのは、人付き合いが苦手であまりバンドを組みたくない人にとっては非常に魅力的です。

ギター以外の楽器の知識が増える

DTMで曲作りを始めると、自然とギター以外の楽器の知識が増えます。

それは、DTMでの曲作りには他の楽器の知識が必須だからです。

 

例えば「バンドサウンドの曲を作りたい」と思った時に、ギターの知識だけで曲を完成させる事は出来ません。

最低でもギター以外に、ベースとドラムの知識が必要です。

そのためにベースとドラムに関する勉強をする事になり、必然的にベースとドラムに対する理解が深まります。

更にそのバンドサウンドの曲に「シンセサイザーやヴァイオリンを足したい」、と思えばその勉強が必要になります。

ヴァイオリン

 

このようにDTMを続けていくうちに確実に他の楽器に対する理解が深まり、編曲能力の向上にも繋がります。

自分が作曲した曲のイメージを明確にバンドメンバーに伝えられる

バンドを組んでいるギタリストにも、DTMを始めるメリットはあります。

バンドを組んだ事がある方は思い当たるかも知れませんが、バンド内においてギタリストは作曲を任せられる事が多いです。

これは『ボーカル・ギター・ベース・ドラム』という最もスタンダードなバンド編成において、ギターが最も作曲に向いているからです。

・ボーカル・・・楽器を演奏した事がないボーカルもいる
・ベース・・・テンションコード等を取り入れるのが難しい
・ドラム・・・打楽器なので単体での作曲は難しい
ギタリストが作曲をして他のメンバーと編曲、というのはオーソドックスなバンドでの曲作り方法でしょう。
バンド
しかし自分が作った曲をバンドメンバーと編曲をする事には、1つ欠点があります。
それは自分が作曲の時イメージしていた曲と、全く違った曲が出来てしまう可能性がある事です。
もちろんバンドメンバーとの編曲によって、素晴らしい曲が出来る事は多いです。
DTMをしていると、この問題を解決出来ます。
上記の項目で説明した通り、DTMをすると他の楽器の知識が身につきます。
そのためバンドメンバーに、自分の曲のイメージに寄せるような演奏をお願いする事が出来ます。
・最後のサビは頭打ちで!
・Bメロはライドで刻んで欲しい
・サビはルートを8分で弾いて欲しい
またDTMを使って簡単なデモ曲を作っておくと、より明確に自分の曲のイメージをバンドメンバーに伝えることが出来ます。

ギターの練習時間は減る

DTMには時間がかかります。

他の楽器の知識を勉強する事はもちろん、例え完璧な知識と経験を持っていても『打ち込み・録音・Mix』などに必ず時間はかかります。

DTM

 

結果DTMを始めると、ギターの練習に使える時間は確実に減ります。(音楽に使える時間が一緒の場合)

これに対する解決策は、残念ながら僕自身見つけられてません。

そもそも時間はどうしようもないので、解決策はおそらく無いでしょう。

 

なので「人生をかけてギターだけを追求したい」、という人はDTMは止めたほうが良いかもしれません。

しかしギターを表現の為のモノと捉えるなら、DTMは作曲・編曲能力の向上に繋がるので、例えギターの純粋な練習時間が減るとしても始めたほうが良いと思います。

DTMはミュージシャンとしてのレベルアップに繋がる

DTMは『ギタリスト』としてだけではなく、『ミュージシャン』として総合的な音楽に関する事のレベルアップに繋がります。

そして、現代ではミュージシャン同士のデータでのやり取りは当たり前になっています。

なので、今はまだ『ギタリストもDTMをやったほうが良い』ですが、今後『ギタリストはDTMをやって当たり前』の時代になっていくでしょう。

というより、もうその時代は来ていると言っても間違いでは無いかもしれません。

DTMの知識や経験は一朝一夕で身につきません。

なので今は「DTMは必要ない」と思っても、少しずつでもDTMに触れていった方が良いと僕は思います。

 

この記事があなたの音楽ライフを豊かにする事に、少しでも役立てば幸いです。

最後まで読んで下さりありがとうございます。

NO IMAGE

1st Single 「Stick To One's Will」 配信中

CTR IMG