ロードバイク

コロナ自粛中 ロードバイクで外に走りに行くなら意識するべき事

コロナウイルスが原因による外出自粛により、運動不足に悩んでいる人も多いでしょう。

健康を維持する為に、人との距離を保っての散歩やウォーキングしている人もいます。

そしてロードバイクが趣味の人は、運動不足解消の為に外に走りに行こうと考える人もいると思います。

 

しかし、今までと同じ感覚で走りに行くことは絶対に止めましょう。

・数人でのライド
・飲食店での食事を挟むロングライド
・限界まで追い込む
特に飲食店に立ち寄ったりロードバイク仲間で集まるのは、言うまでもなく厳禁です。
この記事では、外出自粛中にロードバイクで外に走りに行くなら意識するべき事を説明していきます。
これから説明する事の意識を徹底すれば、ロードバイクでの外出は散歩やウォーキングより感染リスクを遥かに減らす事が出来るはずです。
言うまでもありませんが最善の方法はそもそも『歩く』や『ロードバイク』など、手段は関係なく無駄な外出をしない事です。

その事は忘れずに読み進めていって下さい。

またローラー台や『Zwift』を使って室内でロードバイクに乗り楽しむ事も可能なので、導入を検討するのも良いと思います。

『ローラー台』や『Zwift』については、こちらの記事をご覧下さい。

関連記事

「せっかくの休みなのに大雨。今日はロードバイクで走るのは無理だな・・・」 ロードバイク乗りなら、誰もが経験したことのある悩みだと思います。 外を走るロードバイクは、天候の影響を大きく受けます。 雨では視界が悪く路面も滑りや[…]

ローラー台
関連記事

「ローラー台を買って使っているけど、ローラー台でのトレーニングはまるで修行。体より心の方が折れそう・・・」 そんな悩みを持ったあなたにzwiftがオススメです! zwiftがあれば、悟りでも開けそうな退屈なローラー台トレーニング[…]

コロナ自粛中 ロードバイクで外に行くなら意識する事

1人で走る

冒頭でも書きましたが、数人でのグループライドは絶対に止めましょう。

人から人へ移るのが感染症です。

人が集まる事自体が危険なこの時期に、趣味を理由にわざわざ集まるなんて言語道断です。

日頃から命をかけてロードバイクに乗っている、世界のトッププロ達も自粛をして合同トレーニングなども行っていません。

ロードバイクで走る事が職業の選手ですら自粛しているのに、趣味でロードバイクに乗っている人の「チーム練習が・・・」なんて何の言い訳にもなりません。

1人

走りに行くなら1人で行きましょう。

コース・時間帯を選ぶ

コースは、人通りや交通量の少ないルートを選択して下さい。

サイクリングをしているであろう人が多い場所には、行かないようにしましょう。

特に狭い道幅では追い抜いたり追い抜かれる際や、すれ違う際に他のライダーとの接触が起こります。

意識し過ぎだと思うかもしれませんが、用心するにこした事はありません。
また事故の可能性を少しでも減らす為に、交通量が多いルートも避けましょう。
時間帯は人も交通量も少ない早朝が良いと思います。
早朝
陽が昇り始めると同時に走りに行き、通勤する人が多くなる前に帰宅するのがベストでしょう。
早朝の山は、交通量も人も少ないのでオススメです。
早朝ライドは非常におすすめです。詳しくはこちらの記事をご覧下さい。
関連記事

ロードバイクの早朝ライドは、以下の5つの理由から非常にオススメです。 ・交通量が少ない ・夏の朝は昼に比べてかなり涼しい ・気温の変化が少ない ・時間の有効利用が出来る ・最高に気持ち良い 僕は早朝以外の時間帯のライドを、ロ[…]

ロードバイク 早朝
深夜も人が少ないですが、路面状況が悪く事故の可能性が上がるので止めた方が良いです。

事故・落車にいつも以上に気をつける

これは自粛中など関係なくいつも意識することではあるのですが、それでもいつも以上に事故や落車には注意して下さい。

車相手の接触事故を起こせば、事故相手や警官など様々な人との接触が必ず起こります。

また1人での落車だとしても、救急車を呼ぶような事態になるかもしれません。

救急車

医療機関がコロナウイルスの対応に追われている中で病院に行っても、「勝手にロードバイクで走って事故して病院って・・・何してんのこの人・・・」と思われるでしょう。(僕もそう思います)

今世界中の医療機関は、趣味が原因で怪我をしているような人間に構う余裕は無い、という事を心に留めておいて下さい。

 

「もし落車して骨が2~3本折れて、例えロードバイクが壊れても自分の脚で自宅に帰る」くらいの気持ちを持ちましょう(笑)

特に下りなどのスピードが出やすい所は気をつけて下さい。

しっかりと安全マージンをとっての走行と、交通事故に合わない事を意識しましょう。

どこにも立ち寄らない

ロードバイクで走っている途中、飲食店はもちろんコンビニなどにも立ち寄る事はやめましょう。

そもそも途中に休憩が必要な距離を走らなければ問題ありません。

自分がロードバイクに無理せず乗り続けられる距離で、コースを考えて下さい。

 

途中に補給が必要な距離を走るつもりなら、補給食は道中購入するのではなく自宅から持って行って下さい。

途中トイレに行きたくなっても、公衆トイレなど人との接触が無い場所を選ぶのが良いでしょう。

トイレ

また観光地に行く人はいないと思いますが、山の途中の展望台などで景色が見たいと思っても先客が居るならそこは我慢して通過しましょう。

 

すれ違いや交通事故などと違い、『どこにも立ち寄らない』という事は意識すれば確実に可能です。

出発から帰宅まで信号などの交通状況やトイレが我慢出来ない時以外、ずっと走りっぱなしくらいの意識でちょうど良いと思います。

責任ある行動を!

1人で早朝に交通量の少ないコースを選んで、いつもより安全マージンをしっかりと取ってどこにも立ち寄らずに帰宅する。

以上の事を意識すれば、自然に人との接触は最小限になるはずです。

 

現在の状況で何も考えずいつも通りにロードバイクに乗って、コロナウイルスに感染してしまうと今後ロードバイクに乗ることが出来なくなる可能性も充分あります。

あなたがロードバイクに乗れないだけではなく、周囲の人ひいては社会に多大な迷惑をかける事にもなります。

他人事では無い事、事態の重大性をしっかりと考えて責任ある行動をしましょう。

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。

NO IMAGE

1st Single 「Stick To One's Will」 配信中

CTR IMG