パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット

パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット スマホ入れにオススメです!

僕はスマホをジャージのポケットに入れる時に、雨や汗から守るためにジップロックを使用していました。

ジップロック

使い捨ての物ですが、大雨の中を走るような状況も無く『水分からスマホを守る』という役目はしっかり果たしていたので特に不満は無かったです。

 

それでも、「スマホを持ち運ぶ専用のアイテムがあればいいのにな〜」と漠然と考えてはいました。
そんな時『パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット』というアイテムを情報サイトで見つけたので購入してみた所、中々に便利でした。

この記事では、そんな『パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット』を紹介していきます。

スマホをジャージのポケットに入れて持ち運ぶ人で、現状の持ち運び方法にしっくり来ていない人にオススメのアイテムです。

 

スマホをナビ代わりに使う人や、フロントバッグやサドルバッグに入れて持ち運ぶ人にはあまり必要は無いアイテムかなと思います。

財布や小物入れとして割り切って使う事は出来ますが、それなら他にもっと便利なアイテムがあると思います。

パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット

耐水性

雨や汗からスマホ等の内容物を守るのに必要な耐水性は抜群です。

ジップロックを『水分からスマホを守るため』に使用していた身としては、耐水性はとても重要です。

パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット

ファスナーに止水加工がされており、水の侵入を防いでくれます。

パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット

ファスナーである以上どうしても防水の面において弱点となるのがファスナーの終点部分ですが、引き手を押し込む事が出来る形状になっており、その弱点をカバーしています。

パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット

表面の撥水加工は完璧です。

パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット

ファスナーの終点部分は避けて水に直接押し込んでみましたが、内部への水の侵入は一切ありませんでした。

パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット

それならばと悪意を持ってファスナー終点部分を水に押し込みましたが、流石にこれは内部へ浸水してしまいました(笑)

パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット

ビショビショになっているわけではありませんが内部は全体的に湿っており、内容物があれば被害を受けていたでしょう。

パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット

表面には薄っすらと水で模様が出来ています。

 

とはいえ、ロードバイクで走っていて水に浸かるような状況は基本的に無いでしょう。

先が見えなくなるような豪雨の日を選んで走るような人で無い限り、『パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット』の耐水性能は十分だと思います。

収納力

スマホ(大きさにもよります)や現金・鍵など、バラつきやすい小物をひとまとめに収納する事が出来ます。

パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット

僕はiphone8(横67.3mm×縦138.4mm×厚さ7.3mm)を手帳型ケースに入れて使用していますが、すっぽりと収まります。

パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット

中に手帳型ケースが入っている状態ですが、出っ張ったり膨らんだりはせずキレイにスマホを収納出来ます。

パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット

手帳型ケースに入れたiphone8を収めた状態で、縦に1.5~2cm程の余裕があります。

購入前に自分のスマホのサイズをしっかりと確認して下さい。

パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット

開いて左側の収納スペースは奥に大きなポケットがあり、手前にカードポケットと小物ポケットがそれぞれ2段あります。

パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット

カードポケットには免許証やクレジットカードがスッポリと収まり、小物ポケットはBCAAタブレット等のサプリや切符などを入れるのにオススメです。

 

奥のポケットには二つ折りにした千円札と一万円札が入る深さで、横はカードポケットと小物ポケットとの区切りを無くした長さです。

パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット

右側の収納スペースには奥に大きなポケットがあり、手前にコインポケット、そして鍵などをかけるフックが付いています。

パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット

奥のポケットは左側の収納スペースの奥ポケットと同じサイズ感です。

コインポケットの容量は十分で、フックには家の鍵やチェーンロックの鍵をしっかりと引っ掛ける事が出来ます。

パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット

耐水性もあるので、マスクを持ち運ぶのにも便利です。

 

『パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット』はあくまで小物の収納がメインなので、パンク等の機材トラブルに対応する為の工具類を入れるのには適していないと思います。

機材トラブル用の工具類は、サドルバッグやツールボトルにまとめて持ち運ぶのがオススメです。

『サドルバッグ・ツールボトル』については、こちらの記事をご覧下さい。

関連記事

「サドルバッグやツールボトルに入れるべき物がよく分からない・・・」 サドルバッグやツールボトルには、走行時のトラブル解決の為の道具を入れておくのがオススメです。 と言われてもロードバイク初心者のあなたには、どんなトラブルがおこり[…]

携帯性

ジャージのポケットにピッタリと入るサイズ感になっています。

パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット

ジャージから丁度はみ出る部分が再帰反射材になっており、後方からの視認性を高めライド中の安全性を向上させてくれます。

 

『パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット』でスマホ持ち運びの悩みを解決!

ロードバイクで走る時には『機材トラブルに対応する工具・ドリンク』等、必需品とも言える物いくつかあります。

ロードバイクで走る時の必需品については、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

「念願のロードバイクを購入!でも飲み物とか鍵とかどうすればいいんだろう?」 ロードバイクに乗り慣れてくれば自分で持ち物の取捨選択することが出来ますが、初心者のころは何が何だか分かりません。 今回の記事ではそんなロードバイク初心者[…]

 

その中でも、最も重要度が高いのは『スマートフォン』でしょう。

ロードバイクと直接関係ある物ではないですが、『緊急時の連絡手段・迷子になった時の地図代わり・電子マネーを使用しての買い物』等、スマホ1つで様々な状況に対応出来ます。

 

そんなスマホを安心して持ち運ぶ事が出来る『パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット』は、持っていて損は無いアイテムだと思います。

ついでに現金や鍵などの小物も入れる事が出来るので、細かい荷物をまとめられる点もオススメです。

 

スマホの持ち運び方法に悩んでいる人は、『パールイズミ ウォータープルーフ ライドウォレット』で解決してしまいましょう。

 

今回の記事があなたのロードバイクライフを豊かにすることに、少しでも役立てば幸いです。
最後まで読んで頂きありがとうございます。