ロードバイク必須のリアライト オススメの『XLITE100』をご紹介

夜間走行時には必須のリアライト。

ロードバイクは車道を走る乗り物であるのにも関わらず装備は手薄で、事故になれば大怪我を負う可能性が非常に高いです。

特に夜は視界が悪く自分がどれだけ注意して走行していても、ロードバイクの存在に気付かない後続車に追突されるかもしれません。

そのため後続車に自分の存在を知らせるリアライトは、自分の身を守るために必要です。

この記事では僕が実際に使用して便利だと思った、オススメの高機能・低価格のリアライトXLITE100』の紹介をしていきます。

関連記事

「念願のロードバイクを購入!でも飲み物とか鍵とかどうすればいいんだろう?」 ロードバイクに乗り慣れてくれば自分で持ち物の取捨選択することが出来ますが、初心者のころは何が何だか分かりません。 今回の記事ではそんなロードバイク初心者[…]

ロードバイクのリアライトにオススメ『XLITE100』

1.XLITE100 外観&内容物

内容物は、ライト本体・取り付け用ブラケット・説明書・USBケーブル・結束バンド(4本)です。

USBケーブルと結束バンドは、白い小箱にまとめて入れられています。

XLITE100 XLITE100

残念ながら説明書は、英語と中国語しか対応していません。

XLITE100

ライト本体の裏側にはUSB差込口と、Manual(手動)モードとAuto(自動)モードの切り替えボタンがあります。

2.XLITE100 取り付け&充電

ライト本体をブラケットに取り付けたものです。

ライト本体とブラケットの密着度が高く隙間がないので、浸水の恐れがありません。

IPX6という基準を満たした、ゲリラ豪雨でも使用可能なほど非常に高い防水性能です。

ブラケットに結束バンドを2本通し、サドルのレールにバンドを巻きつけるように取り付けます。

サドル本体に直接取り付けるので、見た目がとてもスタイリッシュです。

取り付けは非常に簡単で手間取る事はありません。

XLITE100

充電中には赤いランプが点灯し、充電完了はランプの点灯が緑色に変わる事で知らせてくれます。

充電時間は約2時間で、点灯モードの使用で約8時間・点滅モードで最長24時間の使用が可能です。

3.XLITE100 使い方

『XLITE100』には手動モードと自動モードがあり、本体裏のボタンで切り替えます。

点灯は3パターンあり、ライト本体の真ん中のボタンを押すごとに切り替わります。

XLITE100

1.点灯
2.間隔の早い点滅
3.間隔の遅い点滅

点灯パターンは手動モード、自動モード共通です。

手動モードはボタンを長押しすることでON/OFFを切り替えます。

自動モードは明るさを感知し自動で点灯・消灯をしてくれます。

振動も感知するため走行時のみ点灯し、走行していない時は暗くても自動で消灯します。

加速度センサーも内蔵されておりブレーキングを感知して、手動モード自動モード共にライトが最大光量で点灯します。

しかしこのブレーキング感知機能はOFFにすることは出来ず、緩やかなブレーキングには反応しにくいという弱点もあります。

まとめ

『XLITE100』は手動モードではなく、自動モードでの使用で真価を発揮します。

自動モードにしておけば必要な時間帯に自動で点灯してくれるので、走行中リアライトの事を意識しなくて良くなります

自動点灯で防水性能も優れているので、注意点は充電を忘れないようにする事くらいです。

取り付け簡単・自動点灯・自動消灯・優れた防水性能・充電式、以上の機能を持ちながら価格も2,000円程と非常にお手頃です。

リアライトとして充分の機能を持ちつつ低価格なので、リアライトにこだわりを持っている人以外のすべてのロードバイク乗りにオススメです。

サドルバッグを使用している人は、シートポストに取り付けるタイプもあるので安心です。

リアライトの取り付けを怠っての事故で、ロードバイクに乗れなくなったら必ず後悔します。
リアライトは、自分の命を守るアイテムなので絶対に取り付けましょう。
この記事があなたのロードバイク生活を少しでも豊かにする事に、少しでも役立てば幸いです。
最後まで読んで下さりありがとうございます。

NO IMAGE

1st Single 「Stick To One's Will」 配信中

CTR IMG