zwiftレース

Zwiftレース初心者が知っておきたい心理戦についての考え方 日常生活と逆の考え方をするだけです!

サイクルロードレースの醍醐味は他のライダーとの駆け引き、つまり心理戦です。

緻密な戦略や相手に合わせて行動によっては、純粋な力の勝負では勝ち目がない相手にも勝利する事が出来ます。

 

レース中の心理戦は、実際に他のライダーと顔を合わせないZwiftレースでも起こります。

確かに得られる情報はZwift画面からだけなので、実際のレースより他のライダーに関する情報は少ないです。

 

それでも得られる情報は確実にあります。

・他のライダーの状況に応じた『w/kg(パワーウエイトレシオ)』
・独走しているライダーとのタイム差
・一緒に逃げているライダーを観察して脚質などを推測
など、他のライダーについてしっかり考えて自分の戦略に組み込めば大きなアドバンテージになります。
ライダーの『脚質』については、こちらの記事についてご覧下さい。
関連記事

ロードレースに階級分けはありません。 身長190cm体重80kgのプロレスラーのような選手と、身長160cm体重55kgのジョッキーのような選手が同じレースを走り競い合っています。 もちろん体格が違えば同じ乗り物のロードバイクに[…]

ロードレース
ただ、レースの状況や参加しているライダーは毎回変わるので、心理戦において『コレが正解』と言えるものはありません。

そのため、心理戦に関してZwiftレース初心者が抑えておくべき考え方は以下の3つです。

・他のライダーが嫌がる事をする
・他のライダーが喜ぶ事はしない
・他のライダーは自分が嫌がる事をしてくると理解しておく
この記事ではZwiftレースにおける心理戦の、基本的な考え方について説明していきます。
Zwiftレース初心者の方には、こちらの記事もオススメです。
関連記事

Zwiftレースで集団に残るには以下の3つのコツがあります。 1.スタートダッシュに遅れない 2.集団前方に位置取る 3.ペースが上がる短い登りでは全力で食らいつく このコツを全く知らないZwiftレース初心者は、コツをしっかり抑え[…]

Zwiftレース初心者が知っておくべき考え方

基本的な考え方はとてもシンプルです。
それは日常における人との関わり方と、完全に真逆の考え方で行動する事です。
・自分がされて嫌な事は人にしない
・自分がされたら嬉しい事を人にする
・一歩進んで、上記の2つを相手に応じて行う(AさんはBをされたら喜ぶからBをする、など)
など、人付き合いの基本を逆に考えます。
つまり他のライダーが何をしたら嫌がるかを考え、積極的に嫌がるであろう行動を起こしていく事です。
ロードレース

当たり前ですがこのような考え方は、日常生活では絶対にしてはいけません!

Zwiftレースの感覚で生活していたら、完全に危険な奴です(笑)

自分が人にされて嫌な事をしないのは絶対で、可能ならば自分がされて嬉しい事を人にしましょう。

自分だったらどうするかを考える事が重要

重要なのは『自分が他のライダーの立場になったらどうするかを考え、正確ではなくても他のライダーの気持ちや状態を推測する事』です。

・自分だったら今ペースアップされたくない
・自分だったら今アタックされたら心が折れる
・自分だったらここはペースを落として休みたい
この『自分だったら』という考えは、レースにおける心理戦の基本です。
そしてその基本に『走行中に得た相手の情報』を組み合わせる事で、戦略や作戦をたてる事が出来ます。
作戦

他のライダーは自分が嫌がる事をしてくると理解しておく

Zwiftレースは顔を合わせないとは言え、他のライダーは人間です。

そのため、『相手が嫌がるであろう事』を他のライダーも考え実行してきます。

 

・ちょっと集団内で休みたい
・スプリントは勝てないから、そろそろ独走に持ち込みたい
・アタック合戦でボロボロ、もう一回アタックされたらもう無理
等と自分が考えていると、その考えを見透かしたような動きをされる事も良くあります。
お互いがお互いの事を考え行動する事が、駆け引きや読み合いを生みレースを楽しいものにしています。
ロードレース

行動までの思考の流れの具体例

4つの具体的な状況から、行動を起こすまでの思考の流れを紹介していきます。

自分が、その状況にいるライダーだと想像して読んでみて下さい。

強烈なスタートダッシュが終わり集団が落ち着いた状況

①スタートダッシュを終えて、集団に残った全員が息を整えている

②他のライダーは「やっと集団内で休憩出来る」と思っているはず

③自分にはまだまだ余力がある

④運が良かったら集団を削れるし、1回アタックをかけて嫌がらせをしてやろう

集団で淡々と山岳を登っている状況

①まだ山岳の終わりまで距離があるけど、集団のペースは上がらない

②自分はまだペースを上げれるけど、他のライダーは余裕が無いのかも知れない

③今アタックかけたらついて来れるのは、余力があるライダーだけのはず

④アタックをかけて、ついてきたライダーとペースを上げて逃げよう

アタック

ゴールまで残り約3km、数人の逃げ集団の中でアタック合戦が起きている状況

①さっきから変わる変わる誰かがアタックをしてペースが落ちない

②自分はもうボロボロで、何とか食らいついている

③だけど他のライダーもかなり消耗しているはず

④ここで強烈なアタックをすれば、他のライダーの心を折れるかもしれない

⑤独走には自信があるし、この残り距離なら何とか行けそう

⑥賭けにはなるけど、全力のアタックをしてみよう

自分を含め3人で逃げている時に、後ろから5人の小集団が迫っている状況

①全力で3人で回せば、ゴールまで逃げれるかも知れない

②でも自分はスプリント力はあるけど、ハイペースを刻んだ後は殆ど力を出せない

③一緒に逃げている2人は、集団スプリントを嫌っている感じがする

④仮に集団に追いつかれたとしても、脚を溜めて集団スプリントに持ち込んだ方が勝ち目が高そう

⑤ここはローテーションに参加せず、2人について行けるギリギリのペースで脚を溜めよう

⑥集団に追いつかれても追いつかれなくても、全力スプリントで勝負出来る

スプリント

まずは相手の立場になって考えてみましょう

正直Zwiftレース初心者の方は、他のライダーを観察してそれに合わせて自分の強みを活かす戦略を立てる余裕は無いと思います。

 

なのでまずは『今の状況で他のライダーは何を考えているか』、と相手になりきって考える事に慣れましょう。

ロードレースに全く同じ状況はありませんが、ある程度似通った状況はあります。

 

そのため何度も相手の立場になって考えていると『この状況で他のライダーはこう考えている事が多い』、と状況に対する経験値が溜まっていきます。

そうすれば後はレース中に他のライダーを観察して、自分の強みを活かす戦略や作戦を立てる事が出来ます。

自分の強みを理解したり、伸ばす為のトレーニングを欠かさない事は前提条件です。
少しずつでも良いので、Zwiftレースに自分の戦略や作戦を持ち込めるように頑張りましょう。
レース中に自分の作戦が思い通りハマった時は、最高に気持ち良いですよ!

 

この記事があなたのZwiftライフを豊かにする事に、少しでも役立てば幸いです。

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

NO IMAGE

1st Single 「Stick To One's Will」 配信中

CTR IMG