Jepson

TrainerRoadのワークアウト紹介 『Jepson』

『TrainerRoad』はFTP向上に大きな効果があるとされるトレーニングアプリで、豊富なワークアウトメニューが用意されている事が大きな特徴でもあります。

『TrainerRoad』に関して気になる方は、こちらの記事もご覧下さい。

関連記事

以前から気になっていたトレーニングアプリ『TrainerRoad』を開始しました。 『TrainerRoad』公式サイトはこちらです。 [blogcard url=https://www.trainerroad.com/] […]

TrainerRoad
関連記事

トレーニングアプリ『TrainerRoad』を導入してから、初めてのワークアウトを行いました。 『TrainerRoad』を始めた理由については、こちらの記事をご覧下さい。 [sitecard subtitle=関連記事 url[…]

TrainerRoad

 

しかし、実際にどのようなワークアウトメニューがあるのか気になる人も多いと思います。(僕もそうでした)

そこでこの記事では『TrainerRoad』のワークアウトメニュー『Jepson』について、以下の流れで紹介していきます。

・『Jepson』の概要
・『Jepson』の完遂難易度とキツさ
・『Jepson』の感想

『TrainerRoad』のワークアウトメニューが気になる人は、ぜひ最後まで目を通してみて下さい。

TrainerRoadのワークアウト 『Jepson』

『Jepson』の概要

Jepson

トレーニング時間 予想TSS 予想IF 予想消費カロリー
1:00:00 75 0.86 630Kcal
『Jepson』は筋持久力の向上と、L4領域維持中の瞬間的な加速後に再びL4領域を維持する能力の向上が目的のワークアウトです。
最初に9分間のウォームアップを行った後、メインメニューに突入します。
メインメニューは、8分間FTP比95~99%を1セットとして間に4分間のレストを挟んで4セット行います。
1セットの間には5秒間FTP比150%のスプリントを3回行います。
【2分間FTP95〜99%+(5秒間FTP比150%+1分55秒FTP比95%〜99%)×3】×4
『Jepson』は1時間のメニューですが、『Jepson』を基準としてセット数やインターバル時間を変更したメニューがあります。
『Jepson』のバリエーション
・『Jepson -4』 →45分/【2分間FTP95〜99%+(5秒間FTP比150%+1分55秒FTP比95%〜99%)×3】×3
・『Jepson -5』 →30分/【1分間FTP95%+(5秒間FTP比150%+55秒FTP比95%〜99%)×3】×4

『Jepson』の完遂難易度とキツさ

Jepson

完遂難易度(5段階評価) キツさ(5段階評価)
★★☆☆☆ ★★☆☆☆

『Jepson』のターゲット強度はFTP比95~150%と高いですが、維持する時間が短くレストも4分間としっかりあるのでキツいワークアウトではありません。

 

L4領域は出力時間が長くなればなるほど辛くなって来ますが、8分間程度なら勢いで乗り切ることが可能です。

5秒間のFTP比150%も全力のスプリントに比べると遥かに強度は低く、維持する時間も一瞬なので脚にあまりダメージは来ません。

 

このトレーニングは出力を維持する時間より、しっかりとターゲット強度を出力する事が重要です。

そのため『Jepson』の完遂が難しい人は、トレーニングの強度は落とさずボリュームを少なくした『Jepson-4・-5』から取り組む事をおすすめします。

『Jepson』の感想

Jepson

メインメニューが8分間と短い事に加え途中に5秒間FTP比150%という瞬間的な加速があるので、退屈を感じないワークアウトでした。

ただ、8分間のメインメニューに対してレスト時間が4分間は少し長いかなと感じました。

余裕があれば、レスト時間を短くしても良いかもしれません。

 

またFTP150%というのは、他人と競うレースやスプリントのトレーニングを行わない人は普段出力する事自体無いかもしれません。

なので普段瞬間的な高出力を行わない人が、高出力を軽く体感するのにも良いトレーニングだと思います。

レースやスプリントトレーニングでは、ガッツリL7領域を出力するので『少しだけ高出力を味わう』という事が出来ません。

 

Zwiftレースなどに参加していると感じる事ですが『L4領域を維持している最中にアタックやペースアップで瞬間的に加速して、その後再びL4領域維持に戻る』という状況は非常に多いです。

『Zwiftレース』については、こちらの記事をご覧下さい。

関連記事

Zwiftレースで集団に残るには以下の3つのコツがあります。 1.スタートダッシュに遅れない 2.集団前方に位置取る 3.ペースが上がる短い登りでは全力で食らいつく このコツを全く知らないZwiftレース初心者は、コツをしっかり抑え[…]

 

しかし『L4領域維持→瞬間的加速→L4領域維持』という流れは、慣れていなければ対応する事が難しいです。

『Jepson』はレースで頻繁に起こる、『L4領域維持→瞬間的加速→L4領域維持』に対応するトレーニングの第一歩として最適だと思います。

 

ただ実際のアタックやペースアップが5秒間で終わる事はほぼなく、出力もFTP比150%を超える場合が殆どです。

そのため『Jepson』をこなせるようになったら、急加速の時間を長くしたり強度を上げる事をオススメします。

『Jepson』はレース中の急加速に対応するトレーニングの第一歩

『Jepson』はFTP向上ではなく、『L4領域維持→瞬間的加速→L4領域維持』という状況に慣れる為のトレーニングで非常に重要です。

仮にFTPが高くてもペースアップやアタックで集団から千切れては意味が無いからです。

 

ただ実際のレースに比べると物足りない感じはあるので、あくまでも状況に慣れる為のトレーニングだという事を忘れないようにしましょう。

 

『TrainerRoad』の他のワークアウトについては、こちらの記事をご覧下さい。

関連記事

『TrainerRoad』はFTP向上に大きな効果があるとされるトレーニングアプリで、豊富なワークアウトメニューが用意されている事が大きな特徴でもあります。 『TrainerRoad』に関して気になる方は、こちらの記事もご覧下さい。 […]

Baxter
関連記事

『TrainerRoad』はFTP向上に大きな効果があるとされるトレーニングアプリで、豊富なワークアウトメニューが用意されている事が大きな特徴でもあります。 『TrainerRoad』に関して気になる方は、こちらの記事もご覧下さい。 […]

Clark
関連記事

『TrainerRoad』はFTP向上に大きな効果があるとされるトレーニングアプリで、豊富なワークアウトメニューが用意されている事が大きな特徴でもあります。 『TrainerRoad』に関して気になる方は、こちらの記事もご覧下さい。 […]

Donner

 

この記事があなたのロードバイクライフを豊かにする事に、少しでも役立てば幸いです。

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

NO IMAGE

1st Single 「Stick To One's Will」 配信中

CTR IMG